イタリア再訪★
by makinco_korokoro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
preferito お気に入り
la vita 暮らし
citta イタリアの街
イタリア留学(準備)
lingua イタリア語
viaggio 旅行
diario 日記(伊)
diario 日記(日本)
cinema 映画
piatto お料理
以前の記事
2010年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
Ciao! Come state???
久々のイタリア再訪、2週間。やっぱりイタリア、むかつくけど好きだなぁ☆

Makincoの最近まったくアップしてないHPはコチラ♪

こちらもまったくアップしてないお料理&ワインBLOGは
コチラ♪
ライフログ

Mentre Tutto Scorre


Reality Show


Pearl Days

フォロー中のブログ
ひつじのつぶやき
イタリア料理留学日記
フィレンツェからのつれづ...
たとえばこんな■イタリア語
Le Journal d...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

だだっと。。。

ずっと更新していなかった書き溜めたBLOG一気に更新してみました。
定期的にネットにいければいいのだけれど、最近なにかと用事があったり疲れていてサボってしまってごめんなさい。
仕事はまあまあ順調にやっております。毎日むかついたりすることも多いのですが。。。(笑)そんなときは日本語がわからないことをいいことに日本語で文句言ったりしています。きっと独り言が多いこのごろです。(笑)イタリア語の大きな壁もかなり感じてもいます。あたしの語学力、かなり伸び悩んでおります。そんなことを日々考えているmakincoでした。ちょっと愚痴ってみました。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-24 04:51 | diario 日記(伊)

野外映画の季節です。。。

FORTEZZA(要塞)で、夏恒例の野外映画 CINEMA IN FORTEZZAが始まりました!夏の夜の定番です。今年は6月16日から始まり9月ごろまで毎晩違う映画を上映します。このFORTEZZAはスクリーンの前に70席くらいの椅子が用意してあり、それ以外に、後ろに階段状になったところがあり好きなように座れます。ちなみに座布団も汚いですが、貸してくれるので地面に座布団を大量にしいて夜空の下のんびりみることが出来ます。
さっそく昨日、今年初の野外映画に行ってきました。昨日の上映映画は…2046でした。昨年末にシエナでも2週間くらい公開されていたのですが、見逃していたので見に行きました。久しぶりにキムタク見ちゃいました。(笑) なんか日本にいるとよくテレビで見ますが、イタリアで見るとまた印象が違います。なんか懐かしく感じちゃいました。始めはあんまり観客がいなかったので、やっぱりアジア映画だからかな~と思っていましたが、始まるとぞくぞくと入って6割くらい入っていました。ちなみにこちらの映画は前にも書いたとおりすべて吹き替えなので、キムタクはイタリア語を話してます。(笑)一番初めのシーンが彼なのですが、その一番始めの数字を言うセリフの声を聞いたとき、かなりいい線のそっくりな声の吹き替えかも!って思いましたが、その後を聞いてちょっとがっくりです。1960年代の出演シーンの声は、はっきりいっておじさんがやっていました。小説の2046年のシーンの声はまだましだったのですが。。。(しかし最後の吹き替えの人の名前をみたとき1人の名前しかなかったのですが、あきらかに2人がキムタクの声をやっていた気がする) それはともかく、映画の方の感想はトータルで中ってところでしょうか。。。映像はとってもきれいでした。ストーリー内容的にちょっと…って感じです。しかもイタリア語でみたから理解できていないところもあるので、あんまり判定はくだせないのですが。でもシエナのスクリーンでキムタク見られたので、よしとしましょう(笑)
ちなみにこの野外映画は毎日夜9時45分からです。料金は1回5€。回数券で5回で20€になります。シエナに夏に来る方は見に行ってみてください。大体2004年~2005年の話題の映画を上映しています。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-24 04:41 | cinema 映画

避暑地???

週末行ってきました。北の方へ・・・。
行き先は湖水地方。あたしが行ったのはミラノの北の方にあるコモ湖とマッジョーレ湖の有名な2つ。金曜の夜にまたまた夜行で出かけて、土曜の朝にミラノ着。電車を乗り換えまずはコモへ。(ちなみに早めのシエナ発夜の6時過ぎに出て乗り換えのChiugi-Ciancianotermeで夕飯を食べて夜中の12時半ぐらい発のミラノ行きに乗りました。)
朝の8時半というなんとも早い時間にコモに着きました。b0014464_4303634.jpgでもはっきりいってそんな時間からコモは暑かった。。。しばらく涼しかったイタリアも前線がさって真夏に戻り、北の地方まで夏真っ盛り。。。だれが避暑地と呼んだのかって恨みたくなる。しかも海を見馴れていたせいか湖がとっても汚く感じました。しかも一番の中心地コモの街だからでしょうか。。。他の小さな街をみたらまた印象も変わってくるかもしれませんが。結局大して湖は見ず、街でウィンドウショッピングとメルカートがやっていたので、ただのブラブラ街散策をしました。午後の電車に乗ってまたミラノに一度戻り、そこからマッジョーレ湖のストレーザという町に移動。
b0014464_4311414.jpgここはまたコモと違ってマッジョーレ湖の一番の町なのにそんなに大きくなく、ほんとにのんびり過ごすって感じの町でした。立ち並ぶ高級ホテルもとても豪華でかわいらしく、湖のほとりを観光客や地元の人たちがブラブラ散歩しています。あたしたちは湖のほとりにある三ツ星ホテルに泊まりました。ホテルにチェックインして荷物を置いたらまた散歩です。4時半くらいでしたが、まだまだ日差しがきつく、暑かった。。。湖はコモよりはきれいで、釣りをしている人もいました。さすがにストレーザの中心の湖のほとりでは泳いでいる人はいませんでしたが、電車で来るとき周辺の小さな町のほとりでは泳いでいる人もけっこう見えました。b0014464_4383721.jpg夕方~夜になると、このストレーザからいける小さな島ボッロメオ諸島や対岸の町並みの景色がとっても幻想的できれいでした。気候もやっぱりちょっとだけ(本当にちょっとだけ、ノースリーブで全然大丈夫です)夜は下がってとっても心地よい散歩になりました。ただレストランは山の数ほどあり、どこもたぶん似たりよったりです。ちっちゃなはずれにあるお菓子やさんで、いいレストランはないかと聞いてみると、どれもあんまりお薦めできないといわれ、ひとつ教えてもらったのが、駅の近くのBAR兼ピザ屋。一応覗いてみるとしっかり、窯で焼いていて、安かったため、そこで食べることにしました。以外にここのピザは薄皮パリパリでおいしかったです。人も感じがよく、たぶんバイクがすきなのか、店の中にバイクの写真やらレースの写真が貼ってあり、日本の選手らしき写真がやたらとありました。
翌日は朝からボッロメオ諸島観光。b0014464_4331833.jpgここはボッロメオ家が所有していた3つの島。イゾラベッラとイゾラペスカトーリにあたしたちは行ってきました。イゾラマードレは今の時期花がないのでお薦めしないと言われました。ただチケット売り場にはたくさんの客引きの人たちがいて、たぶん3社くらいが運営しています。みんな同じ値段表を持っていますが、一番始めに声をかけてきた人はあたしたち2人だけでの運行値段を言われ、かなり高かった…。そのあと他の人に声をかけたら、他の人と一緒に乗船するというもので最低料金である6人グループ設定での乗船値段でOKとのことでした。かなりの間隔で運行しています。しかも実際船に乗るのは6人以上乗っていましたが。。。b0014464_4344019.jpgさらに本当はイゾラベッラだけ行く値段だったのですが、なぜか間違えてイゾラペスカトーレまでいける設定のところにチケットにチェックが入っていて、2つの島に行けることになりました。なのでみなさんも何人かに聞くか、料金表の最低料金である6人グループの値段を言って他の人と一緒でいいからと交渉したほうがいいと思います。帰りもそこの運行の船で帰ってくることになりますが、大体頻繁にでているので問題はありません。イゾラペスカトーレは本当にちいさくて一周15分くらいで周りを歩いてまわることが出来ます。レストランとホテルおみやげ物だけで成り立っている。。。b0014464_4352075.jpgそれに引き換えイゾラベッラは17世紀の見事な宮殿と庭園があり、庭園には真っ白な孔雀までいてとっても豪華。ナポレオンが来て会議をした部屋や、舞踊会に使われた部屋など豪華な部屋をみることが出来ます。(宮殿と庭園で入場料9€だった気がする)庭園も手入れもとってもきれいで、かなり豪華絢爛です。船で行く途中からその庭園が見えるのですが、箱を積み重ねた階段のように庭園がなっています。たしかもうすぐ蓮の花のちょっとした展覧会があるようなことが書いてありました。ひさしぶりにこういう宮殿に入ったので、ちょっと感動しました。b0014464_4354913.jpg
結局午後にミラノに移動をして、ちょっとブラブラして夜の6時15分発のシエナ行きのバスでシエナに帰ってきました。本当に暑くて避暑地って感じはしなかったのですが、まあ1度は行ってみてよかったと思います。(笑)っていうことは2度目はたぶんないかな。。。たぶんゆっくり時間をかけてちいさな町を移動していたらのんびりのどかな避暑気分が味わえたとは思いますが、行ったところが2大観光地。1度見たらもう十分です・・・。しばらくは北の地方はいいです。。。ちなみにことの始まりはホワイトアスパラをたべにバッサーノデルグラッパに行きたかったのですが、もうシーズンが終わってしまって食べられないことから他のいってない町を旅行に選んで湖水地方になったのです・・・。う~ん、ホワイトアスパラ食べたかった・・・。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-24 04:38

パリオって?!

パリオって何?っていう方に本当に簡単にちょっとご説明・・・
パリオは7月2日と8月16日に行われる歴史的なシエナの行事。かなり有名です。要はカンポ広場に砂を敷き詰めて行われる競馬ですが、シエナの地域を17個のコントラーダ(町内会のようなもの)にわけて、競い合います。各回10個のコントラーダが出られるので、そのための抽選も行われます。本番直前には試しなども行われてそんな試し走りもかなりの人が集まります。ちなみに今度の7月2日にでるコントラーダはLUPA ・ONDA ・TORRE・BRUCO・AQUILA・CIVETTA・LEOCORNO・TARTUCA CHIOCCIOLA ・NICCHIO です。ちなみにあたしが今住んでいる地域はLEOCORNO(一角獣)。勝たないことを頻りに祈っています。自分が住んでいる地域が勝った場合はっきりいって悪夢です。2年前自分の住んでいる地域が勝ってしまったYちゃん。大変だったね…。Yちゃんはしかもそのコントラーダの集会所(教会)の3軒となりくらいに住んでいたから、毎晩かなりうるさかったらしい。でもあたしたちは勝った瞬間にその集会所に走って集まっていく人たちにまじって一緒に夜中勝利の鐘を鳴らしに行きました。その後あたしたちは帰ったからいいが、Yちゃんは朝まで鐘を聴き続けることになったらしい。そのコントラーダは急激な坂の途中に集会所があるのですが、そこの坂を一気に駆け下りたりあがっていく大量の人たちをみるのはかなりの壮観でした。この街の人たちのこの情熱はある意味うらやましくなります。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-24 04:28 | diario 日記(伊)

もうすぐパリオ!

天気がまた真夏に戻ったシエナ。7月2日のPALIOに向けて街はだんだん騒がしくなってきました。
ただ、2年前は学校に通っていたため、パリオのいろんな行事の参加プログラムやら情報が入って昼間もよく街中を歩いていたのでパリオ気分がもっと前から高かったのですが、今年はやっぱり働いているので、なんか実感がわきません。あと3週間ぐらいなのに。でも相変わらす、太鼓の音が聞こえ、旗をもってあるく集団に出くわします。先々週の土曜日に前のBLOGにも書いたDEL GATTOでご飯を食べた後、学校の道のコントラーダのTARTUGAのFEATAを道でやっていたので、ちょっと帰り道に遊んできました。行ったレストランからたまたま学校の先生にあって、結局FESTAもちょっと一緒に見ることになりました。なにかと原始的なゲームがあるFESTAでしたが、まず目を留めたのが登り棒のゲーム。たぶん普段は街灯になっている棒の上の電球がつく部分に生ハムやらサラミやらを丸ごと1個ずつ吊り下げて、滑りやすいように油が塗られた登り棒を登って、上に吊り下げてあるものをとって来られたら、自分のものになるというゲーム。あたしの日本人の友達がしきりにやりたいと騒いでいたら、かなり珍しかったらしく、すぐに前に連れ出されトライさせられました。かなりがんばって登ったのですが、半分で断念。(しかも下からイタリア人やらあたしがお尻を持ち上げてそこまで登らせた)ちなみにすべて男の人がトライしているなか、唯一の女の子だった。(笑)最後まであのハムやらが残ったらどうするのかと聞いて、FESTAが終わる夜中の1時まで待っていたらくれるといわれたのですが、さすがに待てないので断りました。他には、ちっちゃなカンポ広場を紙で作り、ボール球を転がしてパリオのまねをした賭けゲーム、金槌でピンポン玉をたたくゲームやらなんかがありました。そのあとなぜかワインとかおごってもらったり、このコントラーダの美術館にいれてもらったりと、なかなか楽しい夜となりました。週ごといろんなコントラーダがこの時期にFESTAをやっています。そのコントラーダが持っている庭でやったり、あとは道を通行止めにしてテーブルを並べてやったりとそれぞれやり方は違いますが、うるさいけど、ちょっと顔を出すのは楽しいです。この時期来る方は顔を出しみてはいかがですか?自分の住んでいる地域でやられるとうるさくてむかつきますが…。(笑)
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-24 04:26 | diario 日記(伊)

シエナ レストラン★

春夏秋はシエナ観光シーズン真っ盛り。
HPにも載せていますが、シエナのレストランガイドを少し。
シエナに寄る方々の参考になってくれれば…。
(HPと多少かぶりますが、HPの情報は2003年の時のものです。HPも更新しなければと思いつつ、時間がないので、きっと帰国後更新します。)
TAVERNA di SAN GIUSEPPE
(via G.Duprè132) カンポ広場からプッブリッコ宮殿を正面に見て左にある道をずっと登っていくとこのレストランが左手にあります。案内によると広場から400Mらしい。前のBLOGにも送別会で使ったところとして書いてあるので、今回説明は省略。
OSTERIA LA SOSTA DI VIOLANTE
(via di pantaneto115) Via banchi di sottoから続くpantanetoの道を真っ直ぐ行き外国人大学の前を通過してさらに進むと教会が左手に見え、そのすぐ先の左手にあります。ちょっとちっちゃくて通り過ぎてしまいそうですが、最近は外にテーブルも並べられていたのでわかると思います。(www.lasosotadiviolante.com)上のサンジュセッペ同様ちょっとだけ高めですが、どのお皿もそんなに濃い味付けではなくてバランスよく、飾りつけもかわいらしい。あたしが行ったときはサービスが一人しかいなく、けっこう埋まっていたので、応対も遅く、ちょっと出てくるのが遅かったりもしましたが、のんびりすごせるお店です。HPは実は見たことがありませんが、ショップカードに載っていたので、掲載しておきます。そして7時半というイタリア人には早めの夕飯の時間に予約なしではいったのですが、英語圏の人たちで3テーブル埋まっていました。観光客も多いとおもいますが、この時期シエナの中心のレストランはこんな感じだと思います。3人でANTIのミストを頼んだのですが、まあトスカーナの定番ミスト(生ハムやブルスケッタ・チーズ)が出てくると思いきや、単品のANTIをちょっとずつ入れたとってもかわいらしいおお皿が出てきました。ちょっとトスカーナ料理にアレンジを加えている感じのお店です。定番料理ももちろんありましが。
RISTORANTE LA PIZZERIA di NONNO MEDE
(camporegio21)サンタカテリーナの家の右横の細い路地を入っていくと突き当りがサンドメニコ教会にぶつかりますが、その手前にあるお店。ここは見晴らしがすばらしい。あえてとってもおいしいわけではなく、ピザも普通なのですが、外の席から見えるシエナの街の眺望がとってもきれいなのです。ちなみに基本的にはピザ屋ですが、パスタなども食べられます。夜のみ前菜のブッフェ(7.8€)があるので、あたしはそれを食べることが多い。かなりいっぱい盛ってパンとビール片手に食べるとそれだけでおなかいっぱいになります。ピザもけっこうな量なのでいつもなぜか1枚食べきれません。このピザ屋にいかなくても是非ともここからの眺めは見てみてくださいませ。(笑)
OSTERIA LA CHIACCHERA
(Costa di S.antonio4)ここもわかりにくいですがサンタカテリーナの家の入り口を正面にみて右側が坂になっているのですがの途中にあります。ここは伝統的なトスカーナ料理の家庭的なお店です。値段が安いためよく地元の人でいっぱいです。相席はしょっちゅうです。味というよりも地元の人たちの賑わいを楽しむってかんじですが、 食堂みたいなところでなかなか楽しいですよ。ただ満席のことが多いので気をつけてくださいね。ちなみにここの前菜もあんまりお薦めしません。食べるのならプリモかセコンドです。あとイタリア語だけのメニューでしかも手書きで読みにくいので注意。
OSTERIA DEL GATTO
(via S.marco8)ここも街のちょっとはずれですが、あたしが通っていた学校の裏です。場所の説明がしにくいのでシエナの街の地図を見てください(笑)ポルタサンマルコに続く道の入り口にあります。手前が次に紹介するピッツェリアです。
ここはたまに魚料理がある。おいしいものが入荷すると出すらしい。何回か行っていましたがこの間ついに魚の日にあたりました。ちなみにこの日は全部魚料理。1品だけお肉がありました。値段はプリモ7€セコンド8€くらいだった気がする。魚料理にしては安いです。ちなみに普段のお肉料理などはとってもお手ごろ価格です。味と値段のバランスならこのお店は合格だと思う。パスタも5€くらい~でおいしいものが食べられます。うわさによるとけっこう自家製のものも多いらしいです。お店の人もとっても感じがいいですよ。ここのお魚料理の日は安くてお薦めだよ~って聞いていましたが、ちなみにあたしはお肉のほうがここはやっぱりおいしいと思います。(笑)シエナってほんとお魚がいけていない…。
RISTORANTE PIZZERIA DUE ARCHI
(pian dei mantellini48)サンマルコ通りの入り口にあるお店。上に紹介したお店の手前です。昼もやっていますが、ピザは夜のみ。もともとがピザ屋なので、ここはピザのみお薦め。石釜で焼くピザはおいしい。満席のことが多いので、お持ち帰りもかなりいます。でもお持ち帰りの方が席代もサービス料もなく安いので、持ち帰ってホテルやおうちでゆっくり食べるのもお薦めです。もちろんカンポ広場で食べてもOKです。ちなみにピザ以外はお薦めしないとの噂です。

あとはあたしが3週間だけ働かせて頂いたレストランがやっぱりお薦めです。味と価格のバランス、居心地など考えてもあたしは一番だと思います。あえて名前は書きませんが、前のBLOGにヒントがあるので、すぐ見つかると思います。ぜひとも行ってみて下さいね!!!ここにあげたいくつかのレストランはあたしの行ったときの個人的な感想です。こっちのレストランは時期によって働く人が変わったりして価格や、味が変わることもよくあるので、みなさまのお口に合わなかったらごめんなさい。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-24 04:23 | piatto お料理

さてさて。

ずっと更新しようと思っていたのに、サーバーメンテナンスの時間などで、更新怠っていてごめんなさい。10日間くらいイタリアは前線の影響でかなり寒く、冬かと勘違いする朝もありましたが、昨日から夏戻ってきました!!!
ってことで、週末使って今から夜行で北の方に避暑に行ってまいります。
月曜には帰ってくるので、また一気にたまっていた分も含めて更新しますので、待っていてください。ではでは、行ってきます!!!
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-18 00:32 | diario 日記(伊)

週末は海♪

さてさて夏真っ盛りのイタリアで、今年初の海に土曜日行ってまいりました。
2年前はなぜかトスカーナの海には行ってなかったので、初のトスカーナにあるcasteglione della pescaiaのビーチに行ってきました!シエナからはこのシーズン土日祝日は直通バスが出ております。ちなみに1時間半の道のりです。
前日に同居人のイタリア人の女の子とカンポ広場で夜中の2時近くまで散歩?!していたため、朝7時50分のバスはかなりがんばって起きました(笑)
前日までの快晴酷暑の日差しではなく、ちょっと曇り空で晴れ晴れしい晴天ではありませんでしたが、このくらいがなんか一番焼けるような…。b0014464_0383051.jpg
2年前の海がシチリアとチンクエテッレだったので、それとくらべるとイマイチきれいではありませんが、日本のビーチに比べたら全然きれいです。有料のパラソルとデッキチェアがかなり並んでいる砂浜です。(今回は借りずにプライベートビーチ以外のところにビニールシートで過ごしました)午前中はのんびりゴロゴロして、午後はごはんを探しながら街のほうにいってみました。b0014464_03961.jpgちょっといってみてびっくり。とってもかわいらしい町並みでした。城壁の中はかなりちっちゃな街ですが、ひとつひとつの家の作りと、家の前に咲き誇るたくさんの花がとってもきれい。かなり坂をのぼって見晴らしのいい上のほうまで登ってきました。上からはずっと続く海岸線が見渡せました。
b0014464_0393741.jpgそして街の散策の後はずっと波打ち際をはだしで歩いて海を満喫してきました。ちなみに結局今回は海の中に全身は入ってません(笑)いくら30度あっても、ちょっとまだ水温が冷たかったです。。。でも今年初の海楽しんできました!!!次はどこにいこうかしら?!
b0014464_0395682.jpg

[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-10 00:43 | diario 日記(伊)

ケータリング!?そしてサッカー!!!

そしてそして。。。
前のBLOGでサッカー最終戦見に行くぞ~!!!と言っていたのに、なぜか仕事が入った日曜日…。うえ~ん。かなり行きたかった。だってもしかしたら弱いシエナ、セリエA最後の試合かもしれなかったのです。
でもお仕事がやりたかったケータリングだったので、仕事優先です。今回はケータリングと言っても、あたしが働く仕事場の横の広場に簡易テントを張っての180人パーティーでした。180人です。結婚式とかより人数多い。これは会社の会議のあとの昼食会イベントみたいなもので、ブッフェ形式ではなく、前菜からすべて1皿ずつ出していきます。
メニュー→前菜はクロスティーニ3種とルッコラのサラダ・ハム・チーズのパイの盛り合わせ。プリモはズッキーニのリゾットとラグーのパスタ、セコンドはお肉とポテトの付け合せ、松の実のタルトのデザート
朝から180人分のパンを切ったり、かなりバタバタ状態でした。でもほんとイタリア人って算数弱い。。。数え方いつも間違える。最大180人予定だったのでとりあえず最大で用意していたのですが、実際いた人数が最後までわからなかった・・・(笑)前菜が出た時点で最終人数をあまったお皿で数えたのですが、プリモの1皿目を出したら足りないといわれ、そこで人数確定しかと思いきや、プリモ2皿目でまた人数が減ったり、セコンドで増えたり・・・うちの一人のシェフがカメリエーレ(サービス人)に向っておまえたち算数勉強しろ~としきりに叫んでました(笑)でも朝からバタバタしかもみんなけっこうピリピリしていたのでかなり疲れた1日でした・・・。

で。。。仕事を終わってまず見たのが携帯。なぜかあたしの携帯にはシエナの試合状況がメールで送られてきます(ちなみにあたしは申し込んだ覚えがない。)
やった~!!!2対1で勝ちました!!!しかも他の試合の結果とあわせて、下から5番目!!!セリエA残留決定!!!
ということで、夜はカンポ広場で打ち上げ兼ファン感謝デー?!みたいなものがありました。夜の10時からってことなので行ってみると広場にいるが、別にステージとが設置されているわけではない。でもちょっと人だかりがカンポ広場に面したレストラン近辺にあったので、行ってみると選手や監督・関係者がお食事中。b0014464_0445154.jpgb0014464_045246.jpg10時半ころ、サポーター達が花火やら爆竹を鳴らしながらカンポ広場に前に書いたシエナの歌を歌い、旗を掲げながら入場してきて、そのレストラン近辺かなりの人だかりに膨れあがり、応援歌を歌いだし、かなりの盛り上がり!!!ちなみに何いっているかわからない歌の1曲の歌詞を周りのイタリア人に聞いたらフィオレンティーナより上にあがった~って意味の歌詞だった。。。(こんなところでもかなり対抗意識丸見えです。)サポーターたちはお目当ての選手の近くに行ってサインをもらったり、声をかけたりと、選手の周りはすごい盛り上がりを見せていました。これで来シーズンもシエナでセリエAが見ることができます!!!シーズンが始まるのが楽しみです!!!
b0014464_0455278.jpg
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-04 00:46 | diario 日記(伊)

お別れ会PART2

そして金曜日。(今からだと1週間前ですが)Yくんのホームステイ先にNちゃんとお邪魔してお食事です。もともとこのホームステイ先はNちゃんが前に滞在していたところ。とってもいい家族だったので、NちゃんがYくんに紹介したのです。城壁の外にあってバスでちょっと行きますがそこからのシエナの中心地の町並みの眺めもすばらしい。b0014464_038472.jpg
なぜかあたしも前に1回お邪魔させていただき、今回もNちゃんがマンマに挨拶に行きがてらご飯を食べにいくってところに便乗してイタリア家族の夕食に参加です。ここのマンマかなりしゃべり方は強烈ですが、ほんとにいい人で、おまけのあたしとかがいっても喜んで迎えてくれる。しかもかなり発音とかにもうるさくて間違えているとすぐに直される。。。(笑)かなり直されるからしゃべるのにかなり緊張するけど。
お食事はプリモのパスタが2種類。セコンドのお肉もつけ合わせも2種類ずつというかなり大量。そのあとフルーツ・ジェラード・カフェ・・・。この日もお腹がいっぱいです。そしてYくんとはこの日でしばしのお別れです。土曜の朝、友達の車で直接今の家から引っ越すのでいつものバス停でのお見送りはありません。彼のレストラン研修先はモンタルチーノ中心からさらに山のなかにはいったブドウ畑の中。周りには家もあんまりないところ。シエナから車で1時間ちょっとといえども、行く手段が車かタクシー。このホームステイ先の家族をはじめ、まわりのみんなにそんな田舎に車もなくて半年も住むなんて!とかなり反対されましたが、結局かなり気に入ったらしく、彼はそのレストランを選びました。きっと動物のお友達がたくさんできることでしょう。。。(そのくらい田舎らしい)将来日本で独立を目指しているプロのコックさんなので孤独に負けずにがんばってほしいと思います(笑)
そして日曜に発つNちゃんとも土曜日に最後のお別れをしました。ほんとはお見送りに行きたかったのですが、なぜか今週に限って仕事が入ったため行けず、土曜日に挨拶することになりました。彼女とは、旅行に行ったり、仕事で大変だった時期にいろいろ相談にのってもらったりしていたので、かなりお別れは寂しかった。でもイタリアに来たから出会えた日本人のお友達です。いつも思うのですが、イタリアに来ると日本で暮らしていたら会わないだろう日本人のお友達ができ、そんな出会いが貴重な経験になります。まったく違うタイプのお友達が出来たりして、いろんなパワーをもらえたりするのです。彼女には感謝でいっぱいです。彼女は前に書いたとおりスイスに旅行して帰国予定です。いいな~スイス(笑)近い再会を約束してお別れしました★
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-06-04 00:39 | diario 日記(伊)