イタリア再訪★
by makinco_korokoro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
全体
preferito お気に入り
la vita 暮らし
citta イタリアの街
イタリア留学(準備)
lingua イタリア語
viaggio 旅行
diario 日記(伊)
diario 日記(日本)
cinema 映画
piatto お料理
以前の記事
2010年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
Ciao! Come state???
久々のイタリア再訪、2週間。やっぱりイタリア、むかつくけど好きだなぁ☆

Makincoの最近まったくアップしてないHPはコチラ♪

こちらもまったくアップしてないお料理&ワインBLOGは
コチラ♪
ライフログ

Mentre Tutto Scorre


Reality Show


Pearl Days

フォロー中のブログ
ひつじのつぶやき
イタリア料理留学日記
フィレンツェからのつれづ...
たとえばこんな■イタリア語
Le Journal d...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

真っ白です!!!

おとといから1日以上雪が降り続き、
シエナは真っ白になりました。
日本は春一番があったそうですが、イタリアはまだまだ寒いです。北も南も天気予報は雪マーク☆久しぶりに雪だるまなんて作って見ちゃいました。(写真は今度貼付します)

でもそんななか、日本から2年前の留学時代の御友達TOWANEちゃんが遊びに来てくれました。今週末は(金曜夜から)二人でNAPOLIに旅行に行こうと思っております。なので週明けまでしばらくBLOGお休みします。次の更新はナポリどたばた日記でしょう(笑)
ちなみにみんなに気をつけるようにってかなり言われております。今年になってすでにナポリのマフィア、カモッラのせいで10人も死者がでているらしい。もちろんマフィア内ですが、たまに流れ弾にあたった人もいるらしい。それ以上に盗難・ひったくり、いろいろ言われておりますので、身を引き締めて、行動しないと。。。
ではでは!
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-25 01:36 | diario 日記(伊)

週末映画★

週末見た映画です。このblogあたしの映画日記のようにちょっとなりつつあってすいません。。。木曜に買ったDVD2本です。
「DOLLS」と「L’ULUTIMO SAMURAI」
DOLLSはいわずもがな北野武監督の日本映画です。映画祭でも受賞しているしイタリアでもかなり人気があるのでちゃんとイタリア語版でDVDになっております。ちなみに日本語も入っているので、この映画ちょっとずるをして日本語でイタリア語字幕つけてみてしまいました。(まったくもって勉強にはならずただの娯楽。) 
Dolls [ドールズ]
/ バンダイビジュアル
スコア選択: ★★★

ただあまりの会話のなさにイタリア語吹き替えにしてもたぶん勉強にはならなかったと思います。かなり淡々とした映画ですが、映像の撮り方がとってもきれいで、びっくりしました。(山本耀司の服のデザインと色彩も鮮やかです)淡々としているわりに、長さも気にならず、あっという間に終わってしまいました。ストーリー的にはとっても悲しい3篇の物語です。
あまりにも勉強にならなかったので、立て続けに「L’ULUTIMO SAMURAI」 (ラストサムライ)をイタリア語字幕イタリア語音声でみることに。。。
ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★★

Ma…これまた勉強にならなかった(笑)基本的に日本語で話しているシーンはイタリア語吹き替えにはならず、日本語のままで、イタリア語字幕で対応されているので、ほぼ日本語を聞いていることになっていました。。。しかもたまにイタリア語字幕にもならないシーンもあり、日本人じゃない人は何言っているのかわからないんだな~って思って、日本人でよかった!って実感。中途半端なのは渡辺謙やトムクルーズが話している日本語は彼らの声のままで、英語で話しているシーンはイタリア語の吹き替えの人の声なので声が変わる。。。見終わった後には渡辺謙が話している英語が聞きたくなり、シーンを選んでオリジナル英語バージョンでちょこっと見てしまいました。映像にかなり迫力があってパソコンのちいさな画面ではなく、大画面で見たい映画のひとつです。
残念ながら、結局なんのイタリア語の勉強にもならない2本の映画でした。。。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-23 02:42 | cinema 映画

VAFFANCULO!FIRENZE!FIRENZE!

タイトルからこんな汚い言葉ですいません。。。この頭についている言葉vaffanculoは日本語訳にすると「ばか野郎」とか「くそったれ」って意味でございます。まあよくイタリア人が口にするこの言葉。しょっちゅう耳にしますが自分で使ったことはほとんどありません。。。でも今日は何回この言葉大声で叫んだことでしょう。。。けっこう気持ちいいものです。(笑) 
というのも今日は日曜。そうです。
Calcio(サッカー)です。しかも今日はSIENA対FIORENTINA!!!
b0014464_2472037.jpg
シエナとフィレンツェはもともと歴史上いろんな争いがあり、同じトスカーナでも仲が悪いといわれております。そんな因縁(?!) のなかで行われた今日の試合。かなり盛り上がりました★シエナの滞在を決めたときから絶対行こうと決めていたこの対戦。火曜日からチケット発売して火曜に買っていたのですが、すでに水曜にはゴール裏のCURVA ROBURの一番人気があって一番盛り上がる(ちょっと危険な)安い席は完売。(あとで追加販売されましたが。) 普段は30分前とかでも余裕で入れますが、今日は1時間半前から席確保です。
試合開始がせまるにつれて席はかなりぎゅうぎゅう状態。1時間ぐらい前から応援歌だの歌いだし、試合前からかなり興奮状態。ビニール製の旗やら、レシートのロールなどいろいろ配られて試合開始前からずっと立ちっぱなしです。b0014464_248179.jpgちなみにこのレシートロール試合中もかまわず投げ入れられ、普通にゴールキーパー前とかに転がっています。かまわず試合は続けられ、見計らってスタジアムの人が取ったり、たまにキーパーが拾ったりしていました。(写真参) 料理の先生からは日本人だけでしかも相手チームに中田がいるのに行くのは危険だ~!と言われていましたが、日本人5人シエナマフラーとかまいちゃって観戦。(紫色のものはいっさいつけないで。)b0014464_2484110.jpg 

全員中田がゴールなどしませんようにってかなり祈っておりました。(となりのイタリア人はあたしたちのこと中国人っていっていたらしいので、よかったけど…。)そんなこんなで試合前・試合中ともタイトルのこのイタリア語かなり連発です。途中前半に中田がプレーしているときには横のおじさんvaffanculo giapponese!!!(日本人)とかvaffanculo nakataとか言っていましたけど。(横に日本人いるっていうの。中田選手は後半でなかったので後半はちょっと一安心してみることができました。)
b0014464_249283.jpg試合のほうですが、前半6分くらいにシエナが先取点。その後もそれを守り通して、1対0でシエナの勝利!!!シエナ今シーズンやっとの思いで2勝目です。
b0014464_250926.jpg

しかも相手がFIORENTINAってこともあり、セネーゼかなり大喜び!!!イタリアのサッカー観戦は観戦しているイタリア人を観戦するのもこれまたとっても面白い。おじいちゃんやおじさんだけでなく、女性もかなり身振り手振り、そして言葉でかなり動いて話して賑やかに観戦しています。「おまえら~じっとみられないのかい!」って思うくらい。でもイタリア人にまじって叫んで、動いて応援、途中雨が降ったりして寒かったけど、かなり楽しかったです。(みんな叫んでかなり汚い言葉連発していたり、応援もちょっとイタリアだけあってまとまりがなかったりして、何いっているかわからないイタリア語が多かったけど。)
なにはともあれ、シエナ勝利でほんとによかった、よかった★ 
これからもFORZA SIENA★★★
(ちなみに、あたしはサッカーファンでもなければ中田ファンでもありませんが、こんなイタリアリーグのなかで普通にプレーしている日本人選手たちはだれはともあれやっぱりすごいんだな~って思います。イタリア人が言っている相手チームの批難の中に日本人の名前が出てくるほど、一応知名度はありますし、ブーイング言われるだけのプレーをしているのですから…。)

そして今日お誕生日だったRUMIちゃんBUON COMPLEANNO★お誕生日にイタリアでサッカー観戦!きっとFIRENZEのDUOMOに登るよりきっと思い出に残ったはず!!!
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-20 20:43 | diario 日記(伊)

日帰り小旅行 VIAREGGIO

そして日曜はVIAREGGIOのカーニバルに行ってまいりました★夏は海水浴でにぎわう海沿いのトスカーナのこの街。冬のメインイベントはカーニバルです!!!毎年時期はちょっとずれますが、VENEZIAのカーニバルと並ぶ有名な冬のカーニバル。先週シエナもカーニバルの流れで夜はいろんなコスプレをした若者や子供たちが街を歩いておりました。(でも特にシエナではおっきな催しはないので、各自でFESTAをしています。) 
13日の日曜はVIAREGGIOカーニバル最終日。
b0014464_311973.jpg
VIAREGGIOに住む人たちはこのカーニバルのために一年を過ごしています。(シエナのパリオなみ)1年かけてCARRIといわれる山車(山車って訳はたぶん間違い(笑))のようなおっきな人形やテーマの出し物を作ってパレードします。(この出し物の大きさが写真で伝わるかがちょっと不安。出し物には作った人達が乗っているのでその人間の大きさと比べてもらえばいかに大きな出し物がパレードしているかわかると思います。日本の建物にすると3階建てか4階建てくらいの高さがあります。) b0014464_315165.jpgたぶん昔は馬でこの出し物を引いていたらしいのですが、今は車などを使ってひっぱり、電気などで人形も動くようになっています。各チームごとにテーマがあって、平和をテーマにしているチームはブッシュ大統領とビンラディン氏が一緒にダンスしている人形があったり、ベルルスコーニがいたり、また他のチームは政治家がいたり、イタリアの有名な俳優がいたり、戦車から花が吹き出していたりなどなど、各チームごとにとっても凝っています。b0014464_322124.jpg(イタリア人は政治的ネタをおもしろおかしくするのが結構好き。ただかなり意味のないふざけた人形がいたりすることもありますが。。。(最後の写真よくみてください(笑))) たぶん50チームくらい、いたと思われます。一応毎年どのチームが優秀かを決めているらしい。見ている人たちもそれぞれいろんな気ぐるみをきたり、変装したりと、思い思いの格好で楽しんでいます。(ちなみにあたしたちは何もしませんでしたが。)

b0014464_325017.jpg かなりの観光客と地元の人が集まるので、パレードする海沿いは大混雑です。みなさま、くれぐれもスリなどに気をつけてください。


b0014464_33912.jpgあと、スプレーやら、紙ふぶきなどもかなり飛び交うので、きれいな服は禁物です。汚い服で荷物は最小限にして見に行くことをお勧めします。今年は終わってしまいましたが、毎年この時期なので、ぜひぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-15 03:05 | citta イタリアの街

週末日帰り小旅行 ORVIETO

今週末はウンブリア州のORVIETOにちょっとした日帰り旅行に行ってきました。
天気もなんとかもってちょっと寒かったですが、とってもかわいらしい町並みを見てきました。シエナからの所要時間は2時間くらい。10時発のバスでキュージ(CHIUGI)まで行って、電車に乗り換えてORVIETOまで。12時過ぎにORVIETOに到着。b0014464_2543263.jpgb0014464_2551178.jpgさっそくケーブルカーに乗って街の中心地に行きました。駅の目の前にケーブルカー乗り場があります。ケーブルカーに乗ると気に囲まれた中を上っていきます。(写真参考)
この街も城壁に囲まれた小さな街。街の中心は小高い丘の上にあります。まずは一番の見所のDUOMOを目指して街のメイン通りを歩いて行きました。この街のDUOMOは外観がとってもすばらしい。
b0014464_2555835.jpg

イタリアのゴシック建築の中でも重要な作品のひとつらしい。13世紀にシエナ人を筆頭に建築が始められて17世紀にやっと完成したらしい。ファザードにはモザイクが施してあり、とって豪華。b0014464_2562612.jpg浮き彫りも新旧聖書からのストーリーの彫刻が彫られています。バラ窓もこれまた豪華です。
その他の見所として、シエナで電車のチケットを買うときにぜひ行って来いと駅員に言われたサン・パトリッツォの井戸。ここは深さ62メートルの井戸の下まで階段をつかって下りていくことができます。(4.5ユーロ)でもかなり疲れます。。。しかもあたし的にはちょっとお値段が高い気がする。ちなみに写真は上から井戸を眺めたものと井戸の一番下から上を見た写真。b0014464_257457.jpgほかにもORVIETOの洞窟体験といって洞窟にもぐれるツアーがあるのですが、もしかしたらそっちの方が楽しいかも。実は両方体験したかったのですが、洞窟体験の時間があたしたちのスケジュールに合うものがなく、断念したのです。ちなみに毎月この洞窟体験ツアーの時間は変わるようなので、ツーリストインフォメーションの前の時刻表を要チェックしてみてください.b0014464_2572976.jpg
この街のつくりはかなりかわいらしく、ブラブラ散歩しても楽しいかも。あたしたちの行った日は曇っていましたが、城壁からの眺めもけっこうきれいです。
ROMAからも電車で1時間強くらいなので、ROMAに滞在していても日帰りでいけると思います。あたしのお勧めはのんびり一泊できるのなら、ゆっくり泊まってみるほうが落着いた町でいいとは思いますが。。。(あたしも1泊したかったのですが、お金がないし次の日予定があったので断念。) お料理もトリュフが有名だし、おいしい食材がたくさんありますので。。。ぜひぜひ時間があったら足を運んでみてくださいませ。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-15 02:59 | citta イタリアの街

AVIATOR

最近はテレビかDVDで映画を見る習慣がついているあたしですが、久々に映画館に映画見に行ってきました。
見た映画はゴールデングローブもとってアカデミー賞でも各部門でノミネートされているAVIATOR。こんなスペルで間違いないかしら?レオナルドディカプリオ主演のあの映画です。この映画日本ではいつ公開になるのかしら?ちなみにシエナでは2週間前にはじまって、もう上映は終わっています。(シエナの公開サイクルは大体2週間ずつで回転が早すぎ) 今回の滞在中に映画館で見たのは12月に見たMrインクレディービレ(ディズニー映画)以来。いや~久々にイタリア語で聞いていて難しいって感じた映画でした。マトリックスぐらいに。はじめにHPとかで内容をチェックしておけばよかったとちょっと後悔。アメリカ映画は会話が早すぎ。
ちなみにこの映画は実在した人物がモデルとなって出来た映画。父親の莫大の遺産を引き継いだ息子(ディカプリオ)が航空映画を撮って成功していき、その後その航空機の趣味から航空会社まで買収して、世界一はやい航空機を開発していくというサクセスストーリー。(アメリカ映画らしい。実在した人物でもストーリーはちょっと脚色がしてあると思う。) でも彼が子供のころから持っている神経症で、いろんなトラブルもありますが。。。ざっとのあらすじはこんな感じです。この映画2時間40分くらいのかなり長編です。途中で「あ~終わったのね」って思ってもまだ続きます。かなり疲れました(笑) でもディカプリオなかなか良い演技していると思います。さすがゴールデンクローブ取っただけあります。
日本公開がいつかはわかりませんが、まあまあお勧めします。ただ航空機を使ったシーンが多いので、映画館の大画面で見ることをお勧めいたします。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-15 02:53 | diario 日記(伊)

オリーブオイル試飲☆

今週(2月2週目)はシエナがイタリアのオイル週間とかいう名前で日曜にオイルの試飲がFORTEZZAでありました★
シエナのFORTEZZA(要塞)にはイタリアで唯一の国立のエノテカがあります。ここで日曜の夕方から無料でイタリアのオリーブオイルの講座と試飲が行われました。講座は予約制だったので自由に出来る試飲だけをクラスメイトのスイス人とイギリス人のお友達と行ってきました。
b0014464_249848.jpg

この試飲に並んだオリーブオイルの数は100種くらい。トスカーナのものがメインで30本以上並び、他にもイタリア全国から州別にいろいろ並んでいました。州によって味が変わりますが同じ州でもまったく違う味が楽しめます。トスカーナでは、真緑の濃いオリーブオイルが有名ですが、このオイルかなり味が強くて、のんだあとのどが焼けるように辛いものもあります。ちなみにオイルの試飲は小さなプラスティックコップで試飲する場合と、用意してあるパンにつけて味わう方法があります。テーブルにはたくさんのオイルと一緒にコップ・お皿・パン・お水が用意されていて自由に好きなオイルを楽しめます。すべて試してみたいところなのですが、かなりの数なのですべて試すのにはとっても体力?が必要です。パンも食べたりするので最後には油とパンでお腹いっぱいになってしまいました。
b0014464_2495564.jpg作っている工場ごとに同じ州でも味がかなりかわり、オリーブを摘む時期によってもオイルの味が変わってきます。早熟なオリーブを使って作られたオイルほど味が濃く、強くなっています。あたしはあんまり強いのが好きではありませんが、ほどよく辛味と苦味が加わったどっちかというと早熟タイプのオイルが好きです。気に入ったものはブルネッロディモンタルチーノで有名なBANFI社が作ったオイルと、ラッツィオ州のF.LLI ROSATI ERMANNO E FRANCESCOという会社で作られたオイルでした。残念ながらオイルはその場で買えなかったのですが、全部の会社の住所が載った資料をもらい気に入ったものがあればそれぞれで直接問い合わせてみてくれとのことでした。ちなみに後者のオイルはお魚のカルパッチョに大変合うらしい。う~ん、魚のカルパッチョが食べたくなってしまいました(笑) 
この試飲できっとあたしはトータル300ccくらいのオイルは飲んだのに違いない。おいしいオイルを探すのも強力な胃が必要だわ・・・と思った一日でした。でもそのあとしっかり友達と夕飯を食べに行ってしっかり食べれちゃうあたしの胃はすでに強力な胃なのかもしれません。(笑)
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-15 02:51 | diario 日記(伊)

またまた

今日の映画。。。
またまた映画ネタです…。ごめんなさい。
ひまわり
/ ビデオメーカー
スコア選択: ★★★★★

I GIRASOLI (邦題:ひまわり)
1970年にイタリアとフランスの合同で作られた作品。ソフィアローレン主演のこの映画、題名だけは有名なのでご存知の方も多いはず。ただでさえあんまり映画を見る習慣がないあたしは、自ら古い作品を手にすることはないので、この映画も一緒に住んでいたRUMIちゃんが貸してくれたため、見てみることにしました。夜10時半くらいから見始めて、あっというまの107分でした。これまたセレクトしたRUMIちゃん好みのとっても悲しいお話でしたが、あたしも基本的に悲しい映画は好きなほうなので最後は一人で泣きながら見ていました(笑)
大体のストーリーは、戦争中に結婚した二人が徴兵で引き離され、戦争が終わっても帰って来ない夫を探しに、ソフィアローレンが戦争先だったロシアに行くと、そこに新しい家族と暮らす夫を見つけるという話。瀕死状態だった夫を助けたロシア人と結婚していたのです。(ちなみに夫は瀕死状態だったためしばらく記憶喪失状態だった)
ちなみに映画をDVDで見る場合あたしの場合はイタリア語吹き替えとイタリア語字幕までつけてダブルでイタリア語がわかるように見ます。この映画はもともとの言語がイタリア語だったので吹き替えはありませんが。。。(基本的にテレビも映画もすべてイタリア語吹き替えになっています。) なので映画を見るとストーリーなどはわかるのですがイタリア語を聞いてわかっているのかイタリア語字幕を読んで理解しているのか時々わからなくなります。でもこの映画中にはロシア語を話すシーンもあるのですが、この部分はイタリア語の吹き替えも、イタリア語字幕も入らなかった。まあたいして重要なシーンでもありませんでしたが。
そんなこんなであたしの映画生活はまだまだ続きそうです。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-05 01:14 | preferito お気に入り

ご無沙汰でした・・・

またもや間があいちゃってごめんなさい。
ちょっと前ですがシエナも先週雪が積もってシエナ中真っ白になりました。おかげで毎日学校と家の往復しかせず、引きこもってました。
b0014464_1103011.jpg

ちなみに雪のカンポ広場ではビニールを敷いて滑っている子供たちがけっこういました★あと雪合戦とか。あたしもやりたかったのですがみんなに止められました(笑)

この一番寒かった時期に、同居人が2週間だけうちのアパートに引っ越してきた日本人の友達RUMIちゃん。(彼女は今週からTODIの語学学校に行くため週末にTODIに引っ越してしまいましたが)日本人だけののんびり生活だったため、かなりだらけて、毎日非常食のような日本食を食べて引きこもってました。おかげで前にも書いたとおりいっぱいの映画をみましたが。
今週からは新しいルームメイトのオーストラリア人が2人来たのですが彼女たちは友達同士でしかも二人ともまったくといっていいほどイタリア語を話せない。英語がまったく話せなくなったあたしにとってコミュニケーションを取るすべがなし。しかも二人とも20歳で若いときている。どうしてイタリアにイタリア語を勉強しに来たかと聞いてみると、二人そろって父親がイタリア人とのこと。なんで来る前に父親から少しでもイタリア語を学んでこなかったのかと思う。でもきっと1週間後にはもう少し会話ができるようになっていることを今は願っております。(笑) 今まで考えてみると英語圏の人と暮らしたことは1回しかなく(しかも彼女は自分と同じクラスだったので語学レベルが一緒だった)、英語しかしゃべれない人とのコミュニケーションがまったくとれません。でも世界の共通語だし、やっぱり英語は基本的にはできるに越したことはないので、英語も勉強しなきゃと思ったりもしちゃいました。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-02-05 01:10 | diario 日記(伊)