イタリア再訪★
by makinco_korokoro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
preferito お気に入り
la vita 暮らし
citta イタリアの街
イタリア留学(準備)
lingua イタリア語
viaggio 旅行
diario 日記(伊)
diario 日記(日本)
cinema 映画
piatto お料理
以前の記事
2010年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
Ciao! Come state???
久々のイタリア再訪、2週間。やっぱりイタリア、むかつくけど好きだなぁ☆

Makincoの最近まったくアップしてないHPはコチラ♪

こちらもまったくアップしてないお料理&ワインBLOGは
コチラ♪
ライフログ

Mentre Tutto Scorre


Reality Show


Pearl Days

フォロー中のブログ
ひつじのつぶやき
イタリア料理留学日記
フィレンツェからのつれづ...
たとえばこんな■イタリア語
Le Journal d...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:viaggio 旅行( 18 )

2007 VACANZA4

更新がすっかり遅れまして、ごめんなさい。

なんかたった2ヶ月前のことなのに、もうだいぶ経った気がします。。。


さてさて、ちょっとダラダラオープニングを書きすぎたため、
ちょっと端折らせていただきます。。。


久々のROMA観光は友人Aちゃんのご希望でバチカンへ。
あたしもここ8年くらい行ってなかったので、ぜひぜひと思って足を運んでみました。

が、、、

観光シーズン真っ盛り。

なんとバチカンへの行列はサンピエトロ寺院までつながる列。
こんなの初めてです。

暑かったのと、いくらたっても入れなさそうな人の嵐であっさりあきらめました。

一応、予約はできるのかね?
と入り口のおっちゃんに話してみたら

ファックスのみでの受付、との返答。

しかも希望日を書いたファックスを送ったらバチカンからファックスの返事が来るのでそれで予約完了とのこと。

っていうかネットが主流の世の中、ファックスのみなんて、なんて流行おくれ。

そんなめんどくさい予約システムをイタリア人従業員が忠実にやると思えません。

もし海外から送ったとして、海外に返信するとは思えません。


そしてそのおじさんが言うには、希望日のだいぶ前に送らないとだめだよって。
どんだけ前だよ?って聞いたら、早ければ早いほどって。
答えになってないんですけど。


まあきっと旅行会社とかは他の方法でやっているとは思いますがね。
バチカンのHP見たらちゃんと載っているのかもしれませんが、
あたしは確認もしてないのでわかりません。。。

おじさんが言っていたことが本当かどうかも。
(適当でごめんなさい)


そんなだったので、あたしたちはちょっと並びましたが、比較的入れそうなサンピエトロだけ見てきました。でも人の嵐の寺院なんて、なんの雰囲気もなく、人に酔ってしまっただけでした。


そのあとは、CD屋行ったり、本屋行ったり、買物で終わり、
最後にスーパーに行き、夜は持って来た食材を使って日本食FESTAをしました。

その翌日もなんかダラダラ街歩きをして、翌日GENOVA行きが早かったので、
近くのBARで軽く飲みに行ったりしてダラダラをROMAの夜を満喫しました★
[PR]
by makinco_korokoro | 2007-09-18 22:21 | viaggio 旅行

2007 VACANZA 3

さてさて初日は、シャワーを浴び、まずは食料調達。
お腹も空いていたので近くのスーパーへお昼を買いに。

メニューはマッシュルームのサラダと、ハム盛り合わせ、パンにゴルゴンゾーラチーズ★
b0014464_062243.jpg

暑かったので早速ビールです!!!
久々の生ハム美味しかった~!!!
やっぱり生ハムチーズ類ユーロは高くともとっても安い。

おしゃべりして食べてたらあっという間。

そのあとはお決まりの昼寝・・・・・


さあ、体力温存してお散歩しましょう。

車で向ったのは、もう一人の友人というか大先輩のMさんおうち。
ちょっと迷いつつも、無事着いて、感激の再会、第2弾。

4人で向うはローマの周りを抜けてチルコマッシモへ。
ここからパラディーゾの丘を眺めました。
そしてちょこっと登って今度は公園から、市街を眺望。

b0014464_0105756.jpg



天気もよく、時間にして7時過ぎなのにいい天気です。
イタリアに来たんだ~と改めて実感。
この公園の近くに教会がありその横の邸宅から実はとってもきれいな景色が見えるのです。門扉はしまっていますが、この門扉の鍵穴を覗くと、それは素晴らしい景色。
なんと木々に囲まれた1本道の真ん中にサンピエトロ寺院のクーポラがポツンと見えるのです。これはこの邸宅の持ち主がそれを考えて門扉と庭園を設計したらしいのです。
教会で結婚式をしていたお客さんも覗きに来ていたのでけっこう有名な場所だとは思います。


そして夕飯は FELICE A TESTACCIO

予約をしないと入れないらしく、友人がちゃんとしておいてくれました。
ボリュームもしっかりあり、ローマの郷土料理からいろいろ食べれます。
ただとっても忙しそうなので、店員はちょっとバタバタ?!
メニューもあるのですが、ないものもあり、しっかり口頭で説明してくれます。
私が頼んだのはラビオリフェリーチェ風。
b0014464_0203082.jpg

ソースはトマトベースの複数の香草とリコッタチーズ。
前菜でチョコチョコ食べていたので結構最後はお腹いっぱいで無理やり食べましたが、お味はとっても美味でした★
[PR]
by makinco_korokoro | 2007-07-26 00:23 | viaggio 旅行

2007 VACANZA 2

ゲートを見るといっぱいのお迎えのなか、
さて、友達と待ち合わせのテルミニ駅に行かなきゃ!と
思いつつも、そのお迎えの人たちの顔を眺めていたら、
なんと、なんと、知った顔が!!!

私たちの友人Rちゃんではないですか!
テルミニで集合予定が、なんと空港までお迎えにきてくれてたのです。
しかも朝早いのに。。。
うれしいやら、懐かしいやら、驚きやらで、なぜか涙目になってしまいました。

Rちゃんはあたしが2回目の留学に知りあい、仕事の関係でイタリアにきてダンテで語学を学び彼女の仕事の始まりとともにROMAに引越したので、2年ぶりの再会!
何にも変わってなく、再会を喜び合いました★

空港からはRちゃんが車で来てくれていたので、ROMAの家までドライブです!
久しぶりのイタリアの道、朝の通勤時間と重なり合ったせいか、かなり圧巻。
みなさんすべて車線無視。3車線のところを4~5車線くらいでごちゃごちゃに入り乱れる中、Rちゃんマニュアルで素晴らしい運転技術です。

ちなみに彼女いわく、「無秩序のなかに秩序」があるそうです。
これにはあたしも納得。車の運転だけでなく、イタリア生活すべてにこの言葉当てはまります。

渋滞に悩まされはしましたが、やっとRちゃんのおうちに到着。
ROMA中心地(市内観光地)からは少し離れていますが、その分周りも静かでマンションもおっきく、きれいでした。

ではでは次BLOGからはやっと街に出ますよ~w
[PR]
by makinco_korokoro | 2007-07-25 00:17 | viaggio 旅行

2007 VACANZA 1

おまたせしました。

記憶が薄れないうちにちょっとずつ、更新。

今回はなるべく安くということでキャセイを利用。
比較的乗換えもスムーズ。しかも朝に着くから、飛行機では
ひたすら眠っていれば、当日からフル活動できます。
ちなみに一番安い6万円台のチケットは売り切れていたので
8万円ちょっとのチケットを4月に購入。(税金とか燃油チャージとかで計10万くらい)
それでも日付は当初考えていた土曜出発は満席で日曜になりました。

日曜夕方出発でしたが、早めに到着して成田でのんびり&すでに1杯w

まずは香港へ。
機内では隣の日本人夫婦がとっても気さくな方々でずっとお互いの旅行計画に花が咲く。
もうお仕事は引退されているとしですが、リュックひとつでスイスの山のほうへの自由旅行らしく、かなりの行動力にびっくり。
そしていつまでも2人仲良く旅行できるなんて、なんて羨ましいでしょう!
とっても素敵な夫婦でした。

香港乗換えでは2時間以上時間があったので、一緒にいったあっちゃんが持っていた
香港ドルにてスターバックスでほっと一息。
トイレで歯を磨いたり、化粧落としたり、しまりかけのお店をのぞいたりとしていたら、あっという間。イタリア行きに搭乗です。

ちなみにこの時期のせいかキャセイが安いからか、中国経済がよくて旅行者が多いからか、この2便とも満席状態。最初は寝れないかと思ったが、結局最後はぐっすりでした。


さてさてやっと到着、イタリアです。
機内から見る外の青いこと。真っ青です。
朝6時半というのに、もう旅行気分全開!!!

荷物引き取り前にトイレを済ませ、防犯用にパスポートを隠したりと準備。
(何度行っても念には念を。。。だってつまらないことで旅行を台無しにしたくないからね)

荷物をとって、さあ、ゲート出発!!!
[PR]
by makinco_korokoro | 2007-07-25 00:03 | viaggio 旅行

ただいまぁ★

仕事の2週間は長いのに、バカンスはなぜにこんなにも早いのか。。。

待ち遠しかったイタリア旅行も行ってみればあっという間。

16日に帰国いたしました。

ではでは、今回の旅の日程を・・・


2日朝 ROMA着
3.4日ROMA滞在 
5日 GENOVAへ
6日午後 SUVERETOへ 
7日 SUVERETO (populonia / baratti の海へ)
8日 MASSA MARITTIMA・CICIANOを経由してSIENAへ
9日 SIENA
10日 日帰りFIRENZE・THE MALLへ
11日 午後ROMAへ
12日 ROMA滞在
13日 SATURNIAへ 
14日 SATURNIA→PITIGLIANOBAGNOREGIO→ROMA
15日 ROMA発→日本へ

と、まあ、友達訪問ツアーだったため、ちょっと駆け足ぎみで2週間周ってきました。

後日詳しく写真とともにUPしますのでお楽しみに~★
[PR]
by makinco_korokoro | 2007-07-19 22:35 | viaggio 旅行

行ってきま~す。

さてさて前のBLOGでご案内しましたとおり、
明日から2週間VACANZA行ってまいります!!!


今回は航空券安めということで香港線を利用★
なので2日朝にROMA入り!

ROMAの友達のところに滞在したあと、
GENOVAにいる妊婦さんを訪問(ちょっと遠いけどせっかく行くので)→
トスカーナのワイナリーのアグリに。
もちろんその後、行きますよ、大好きなSIENA。
働いていたレストラン、学校などに行くのが楽しみ★
最後はまたROMAに戻り、温泉小旅行って感じです。


ざっと書いてみました。
また旅行から帰ってきたら報告します!!!
[PR]
by makinco_korokoro | 2007-06-30 21:32 | viaggio 旅行

アマルフィ海岸2.3日目

アマルフィ海岸2日目の朝はホテルから歩いてすぐといわれたエメラルドの洞窟にまず行ってみました。海岸線が見渡せる断崖に作られた一本道をひたすら歩くこと20分以上。(20分以上ってすぐではないと思う。。。でもこの歩いてきた道からの下の海の眺めがとってもきれいだった。)なんか観光地っぽいおみやげ物屋が並び始めるとエメラルドの洞窟がありました。ちなみにバスではアマルフィーから15分くらい。入り口には暇そうなおじいさんが二人。洞窟に行きたいというと5€といわれその場でチケットをくれてエレベーターの前まで連れて行ってくれました。b0014464_1465860.jpgエレベーターを使って断崖を下りていき、そとに出るとヒヤッと海の近くの涼しさが。。。通路沿いに歩いていくと暇そうにしているまたおじさんが二人。1組しか船を待っていなく、次の船にその人たちと一緒に乗ることができました。っていうかこのエメラルドの洞窟、エレベーターを降りて海の横の洞窟の中に徒歩で歩いて入るともう船に乗らなくてもエメラルドの色が見える。洞窟の中は入り口から見渡せる位置にまわりの壁があるのでとってもちいさい。船には10分くらい乗ってその狭い範囲をぐるぐるするだけです。光線によってできるエメラルドに輝く海面の近くまで行けますが。。。あとは聖書の話にまつわる像が海の下に沈んでいる。まあきれいですが必ずいったほうがいいとまではいいきれません。まあ近くを通って時間があったら・・・ってぐらいの場所です。
朝の散歩から帰ってホテルをチャックアウトしてホテルの前からバスが出ているのでポジターノへ。b0014464_1473065.jpgこのバス1時間ぐらい結局遅れてきて、ホテルの前で1時間も待つ羽目になりましたが、運転手がかなりおもしろく、歩いている人の解説(決して通った街や有名な建物などの観光解説ではなく)を乗客に聞こえるようにいろいろ話して笑わせてくれました。結局予定より1時間以上遅れてポジターノに到着。ここは本当に観光地でした。もう狭い小道に人とお店があふれ迷路のような道を降りたところに海があります。暑さで結局ほとんど見ず、ご飯を食べによった感じになってしまいました。でもここまでくる間のバスからの景色もやっぱりきれい。もう少しシーズンオフにのんびり散策しながら訪れたい街かもしれません。
ポジターノで昼食後、今度はその日のホテルがあるSantagata sui due golfiにまたバスを使って移動。あらかじめホテルがバスの通り道なので運転手さんにホテルの前で降ろしてもらうように頼んでおきました。この街はソレントからだとバスで20分くらいいった丘の上にあるところでホテル自体はこの上に書いた小さな街から歩いて15分くらい。ホテルに着くとさっそくとことこ歩いて小さな街探索。かなり東洋人珍しいらしくかなりジロジロ見られてしまいました。街自体はほんとに小さくてとくに見るべきものはありませんが散歩にはちょうどいいかも。海からは離れているので海の景色はあんまり楽しめません。ちなみにホテルからだと海が遠くに眺め見ることができました。この小さな街の中心には有名なミシュラン2つ星レストランDON ALFONSO1890があります。かなり目立つ建物なのですぐに気づきます。ガイドブックにはソレントからタクシーで10分と書いてありますが、バスが通っているので利用するほうが経済的かも。でもきっとこのレストランに行く方はきっと経済的な心配はしないのかもしれませんが。。。(笑)ちなみに準備中の時間に通ったのでメニューが出ていなく、お値段がちょっとわかりません。ナポリ滞在でここまでご飯はつらいかもしれませんが、ソレントに滞在して興味がある方は行ってみるといいかもしれません。ちなみこの小さな街にも宿はあるのでこの小さな街でのんびり滞在もいいかも。ちなみにあたしが泊まったホテルはDUE GOLFIという4つ★ホテル。徒歩で15分くらい離れた静かなホテルです。夕飯と朝食付きでシーズン中で一人75€だったのでかなりお得です。ちなみにあたしたちが滞在した日は祝日の前日でなんと夕飯はプールの横でのかなり盛大なパーティー式のブッフェでした。生演奏の音楽つき。b0014464_1481157.jpg
b0014464_1485030.jpgホテルに着いたときにそれを知らされたのですが、かなりラッキーでした。もちろん宿泊者だけのパーティーなので日本人なんてあたしたちのみ。なぜか周りの宿泊者はナポリの人が多く、みなさま陽気でとっても気さくでした。大体1週間くらいのんびり滞在している人が多かったです。このパーティーの最後には花火まで盛大にあがり、とってもいい思い出なりました。
3日目は朝からホテルをチェックアウトしてソレントへ。ソレントも観光客いっぱいです。祝日でしたが観光客が多いせいか、かなりお店も開いていてウィンドーショッピングもできました。街自体は海岸のほうまで行くとけっこうおおきく、荷物を持ちながらすべて徒歩で動くのはちょっと大変かも。結局あたしたちは海から町に登るときにバスを1回使うことにしました。街の中心から見える海水浴できる場所はビーチパラソルがぎっしり並び、砂浜はちょっと芋洗い状態(砂浜に対しては芋洗いって言葉は使わないと思いますが)にみえましたが、みんなイタリア人は日光浴しているので海の中に入っている人は数えるほどです。ソレントは街も充実しているのでのんびり長期滞在するには海にも入れて飽きずにお薦めかも。
ソレントで観光・昼食後は今度はナポリに移動。。。今回の旅で初めて海の上を移動。ナポリまではフェリーが出ているのでせっかくなので海からナポリに入ることにしました。結局あたしは疲れからかちょっとフェリーで酔ってしまい、ほとんど寝ていました。ナポリに着くとまったく人がいない。ナポリは観光地ですが、やっぱり8月はお休みしているところが多く、しかも祝日。ほんとにこんな人が少ないナポリは初めて。夜行でシエナに帰る予定なのでどうしても時間をつぶさなければいけません。結局意味もなくフラフラと人がいないナポリをブラブラし、開いているのはマックのみなので、マックでかなりの休憩をして、夕飯を開いていたピッツェリアで食べて、無事に夜中初の夜行列車に乗りシエナに翌朝到着しました。(旅の最後かなりはしょってしまってごめんなさい。朝着いたその日は前にも書いたようにパリオの日でした)
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-09-13 01:51 | viaggio 旅行

アマルフィの旅♪ 1日目★

先週末金曜の夜から火曜の朝までかけて南イタリアのアマルフィ海岸を旅してきました。
日程は金曜の夜行バスでシエナを旅立ち土曜の朝サレルノ着。サレルノからバスでアマルフィの街に移動して1日目はアマルフィ泊。2日目はエメラルドの洞窟をみてポジターノに移動、そしてソレントの近くのS,agata sui due golfiに泊。3日目はソレント観光後、午後ナポリに移動してナポリ発の夜行電車で4日目の朝シエナに帰ってきました。前のBLOGに書いたように本当は一緒に住んでいるイタリア人のおうちに遊びに行く予定が家の事情でおじゃまできなくなったので急遽ホテル探しを前日にして旅立つことになりました。
b0014464_262042.jpgアマルフィ海岸とはソレントからサレルノまでの海岸線(costiera Amalfitana)のことを呼び、世界遺産にも登録されています。きっとNHKの特集でも初日にやっていたので見た人も多いはず。
サレルノに着いたのは朝の7時。BARでお茶をしてさっそく市内観光に。でもお店も開いていないので海岸線沿いのきれいな遊歩道を散歩することにしました。(ちなみにサレルノの街はけっこう大きく、大通りにいろんなショッピング街が並び、建物も都会のイメージです)朝から散歩する人やジョギングする人たちでかなりの人が遊歩道にいました。そして11世紀に建築されたDuomoを見に行きました。今まで見たDoumoと違い入り口に門があり、門の中に中庭がついていました。表の建物は地味だったのですが、地下室にあるクリプタ(聖堂)はとってもきれいなので必見です。色使いが明るく(でも決して派手ではなく)統一されています。Duomo観光のあとは街をブラブラして、SITA社のバスでアマルフィに移動しました。ちなみにこのアマルフィ海岸を旅するには電車が通ってないので船かバスでしか街を移動することはできません。でも1時間に1本ずつぐらいにバスが出ているので不便は感じません。
b0014464_271155.jpgバスで海岸線を走ること50分くらい、アマルフィの街に到着です。バスは海岸線をくねくねと通るのでバス酔いする人はちょっと気をつけてください。でも車窓からの眺めはとってもきれいです。アマルフィはサレルノと違い、本当にバカンスの観光地!というイメージです。バスを降りておみやげ物が売るお店が立ち並び、小道をちょっと行くと階段の上にDuomoが見えます。このDoumoのファザードはとっても派手で金色に輝いています。ちなみに19世紀に装飾されたものらしい。ルッカのサンフレディアーノ教会を想像させるファザードでした。このDuomoの横には昔最上流階級の人の墓地だった天国の回廊があります。b0014464_274378.jpgb0014464_282285.jpg
ちょっと南国風の真っ白な回廊の周りには昔かかれたフレスコ画が少しですが残っています。回廊を抜けるとちょっとした美術品が並ぶ博物館になっており、地下のクリプタに行くことできます。このクリプタもサレルノのものと似ていてとってもきれいです。
アマルフィの街をブラブラして昼食をとったらこの日泊まるホテルに移動です。直前に宿を決めたので全然手頃な宿がなく、しかも高くてある程度客室があるホテルが残っていたので、思い切って5ツ★ホテルをこの日は予約していました。b0014464_2102437.jpgHPでこのホテルを見ても車での行き方は書いてあってほかの行き方が書いてなかったので、早速インフォメーションで聞いてみるとSITA社のバスが前を通っているとのこと。アマルフィの街からソレント方面行きのバスに乗り10分ちょっと。海岸線の道に建つホテルの名前はIl saraceno。HPみてわかると思いますがアマルフィの断崖にたつホテルです。入り口を入ってレセプションを通りエレベーターに乗って下に下りて行くと客室があります。もちろんエレベーターで一番下に行くとプライベートビーチが広がっています。さっそく部屋に通されると、海があんまりよく見えない。確か予約したときは海が見える部屋を予約したはず。ホテルの人にそれを言ってみると、海側のちょっと広めの部屋に変えてくれました。言ってみるものです。部屋で水着に着替えてさっそくビーチに。エメラルドに輝く海は入ってみるとかなり冷たかった。(笑)しかも高くはないのですがけっこう波もある。b0014464_2105248.jpgビーチは砂浜ではなく石が並んでいてビーサンを脱ぐと足の裏マッサージのように痛い(笑)海にはちょっと入っただけで、あとは海を眺めてデッキチェアでのんびり寝ることにしました。でも風が冷たくて心地よく、波しぶきもきてかなり居心地がいい。前日から夜行バスで移動してきたあたしたちは居心地のよさもあって海辺でかなり爆睡。
b0014464_2155248.jpg

夕方涼しくなったので部屋に戻りシャワーを浴び、夕飯を求めてアマルフィの街にホテルの送迎バスで行ったのですが、目ぼしいお店がない。ミシュランつきのレストランはあったのですが、ホテルに今回奮発したあたしたちはそんなにお金がない。迷ったあげく、バスで通ったホテルから歩いて10分ほどのところにレストランがかたまってあったことを思い出し、またホテル行きのバスにのり、ホテル近くのレストランに行くことにしました。行ってみるとかなりの人が入っています。ristoranteと書いてありますがピッツァもやっているちょっとカジュアルな雰囲気。観光客だけではなく、地元イタリア人もいてかなりにぎわっています。そこで魚介類のアンティパストとお魚料理を頼み食事をしていると日本人がタクシーにのって現れた。有名なお店なのかしら~って思っていると、オーダーをとってくれた店のオーナーらしきおじさんが日本の雑誌FIGAROをもってあたしたちのところにやってきた。それをみるとこのお店載っていました。おじさんはこれを見てきたんだろ~?って聞いてきましたが、あたしたちはそんなこと知らなかった。ただホテルの近くだったから来ただけなのに(笑)でもその日本の雑誌を見ていたら周りのイタリア人かなり日本の雑誌に興味があるらしくみんなで覗きにきて、挙句の果てに俺のうちが写ってる~!って騒ぎ出したり、ほかのイタリア人はアマルフィ海岸の教会で日本人向けの結婚式を企画しているんだ~とか好き勝手にみていろいろ話しかけてくる。お店の人も周りのお客さんもとっても気さくで感じがよく、最後にはデザートまでサービスしてくれ、とってもいい楽しい夕食でした。ちなみに前菜はおいしかったのですが、魚のアクアパッツァはちょっと魚の生臭さが残っていてちょっとイマイチでした。でもオリーブオイルがおいしくてオイルをかけるとかなり魚の臭みがとれておいしくなりました。ただこのサービスのおじさん、イタリア人の例外に漏れず、かなり算数苦手らしく、会計がちょっとだけ間違っていて、デザートサービスまでしてもらっていてあたしたちはトータルでは得しているはずなのに、それとこれは話が違うので、しっかり指摘すると、ものすごく適当にじゃあこれで、ってまたもや間違った会計をくれた。でもよ~くもう1回みると頼んだお酒が入っていなかったりして得をしていたので、言われただけお金おいて帰ってきました(笑)ちなみにこの適当な会計をして雑誌を持ってきてくれたおじさんはかなり強引です。心配するな!が口癖で人のオーダーまで強引に、決めようとしていた。魚系の盛り合わせ前菜が3種くらいあったので違いを聞くと、これにしな!って感じで勝手にオーダーを決めようとする。(笑)このおじさん悪い人ではなく、とってもいい人ですが、みなさま行く際は気をつけてくださいませ。ちなみにレストランの名前はAl Pesce D’oro
この続きはまた次のBLOGで。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-08-23 02:15 | viaggio 旅行

LUCCA

復活祭の翌日も休日です。
イタリアではちょっと小旅行に行くという習慣もあります。あたしは行ったことがなかったLUCCAに行ってみることにしました。
b0014464_18304964.jpg

直線距離はそんなにシエナから離れていませんが、電車の乗り継ぎが悪く、3時間以上行くのにかかるため、今までいったことがなかったこの街。街全体はそんなに大きくなく、中世の雰囲気の残った街。b0014464_18314776.jpgb0014464_18323645.jpgb0014464_18333426.jpg
見所はDUOMOや教会。そして街を囲む城壁の散歩。自転車や徒歩でイタリア人がのんびり城壁の上を散歩しています。教会のファザードはどの教会もちょっと変わっていて目に付きます。ここの街ではのんびり教会めぐりがいいでしょう。そして散歩しているととっても目に付くジェラート屋。(笑)小さい街にしては遭遇率が高く感じました。(でもぐっと我慢してあきらめた) フィレンツェ滞在する際など日帰り旅行にお薦めです。(ただおいしいお店にめぐりあえませんでした。だってイタリア人がたくさんはいっていたお店に入ったらとってもまずかった。。。(笑))
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-04-04 18:33 | viaggio 旅行

ISOLA d’Elba

前回のBLOGでお伝えしましたように、週末エルバ島に行ってまいりました★
ちなみにエルバ島はトスカーナ州にある一番大きな島です。b0014464_07315.jpg本島のPIOMBINOの岬から約10kのところにあります。真夏の時期は海水浴客・観光客でいっぱいになるこの島ですが、この時期はまだ開いているホテルも少なく、地元の人たちがのんびり生活しております。
初日の朝6時半シエナ発の電車に乗り、乗り換え2回でPIOMBINOまで。そのあとPIOMBINO発のフェリーに揺られること1時間。
b0014464_04334.jpg

エルバ島の入り口PORTOFERRAIOに到着です。おなか空き空きのあたしたちは、さっそくレストランへ。今回の旅はあたしを含めて4人。女3人男1人というなんとも微妙な日本人団体です(笑) シーズンオフのせいかあいているレストランも少なく、適当に入ってみることに。みんなさっそく海のものを頼みましたが、なぜかあたしだけアマトリチャーナ(トマトソースの塩漬け豚肉のパスタ)。なんかシンプルなものが食べたかったのです。。。
のんびり食べて宿泊先のMARINA DI CAMPOにバスでいこうとしたのですが、バスは行ったばっかり。次のバスまで2時間はあります。ということで、タクシーを1時間借り切ってちょこっと寄り道して目的地まで行くことにしました。ちなみに向った先はPORTO AZZURO。島の東に位置して、この港にとまるフェリーもあります。とってもかわいらしい、ちっちゃな街です。
そして山の中を通って目的的地のMARINA DI CAMPOに。
b0014464_083491.jpg

ここは島の南側。エルバ島でもっとも長い砂浜がある場所です。宿泊先も海から近く、さっそく海に散策へ。(ちなみに水着はまだまだ泳ぐのには早いので持っていきませんでした) ほとんど砂浜に人はなく、澄み切ったきれいな海が目の前に広がっていました。今回のあたしたちの旅の目的はのんびりゆったりリフレッシュ!ってことで、思い思い海辺で過ごすこととなりました。b0014464_093751.jpgちょっと下をのぞくとたくさん魚が泳いでいて、ウニまで見えます。時間の流れが普段よりさらにのんびりと感じます。読書する人。写真を取る人。寝ている人。それを観察する人。おいしい空気と静かな海の音。リフレッシュ効果バッチリです。
そして夕飯を開いているレストランでとり(もちろん魚三昧です)、夜の散歩。北斗七星までしっかりと見えました。
2日目は朝のんびりとまた散歩した後、PROCCHIOへ。北側でPORTOFERRAIOの西に位置するこの町は避暑地として有名らしい。バスを降りて(ちょっとバスに乗りすぎて山道を20分くらい戻るはめになりましたが)、ちょっと歩くとまたまた海が広がっております。海辺で朝に買出しをした材料でPANINOを作って昼食。
b0014464_0101375.jpg

夕方のPORTOFERRAIOからでるフェリーに乗るためPORTOFERRAIO行きのバスを待っていると、一台の車が止まりました。中を覗くと昨日の夕飯を食べたレストランの人。ラッキーなことに車でPORTOFERRAIOまで乗せてもらえることに。バスよりかなり飛ばして走ってくれたおかげでPORTOFERRAIOに予定より早く着き、旧市街地のFORTEZZA(要塞)へ観光ができました。ここはかなり高くまで上れて、上からの眺めはとってもきれいです。
景色を十分に堪能して、帰りのフェリーに乗り込むことになりました。。。帰るのを惜しみながら取ったフェリーからの夕焼けを最後に乗せておきます★
b0014464_013229.jpg

エルバはとっても自然いっぱいで海もきれいだし、人柄もとっても親切。きっと夏の込み合う時期は、砂浜にパラソルも並び、かなり賑やかで雰囲気も変わってしまうとは思いますが、この時期のエルバ島、海に入れなくてもかなり気に入りました。ぜひぜひまた来て見たいと思ってしまいました。
[PR]
by makinco_korokoro | 2005-03-26 00:15 | viaggio 旅行